中学受験で個別指導塾を選んだ理由

子供の中学受験の時には、個別指導塾を選びました。それはそもそも中学受験をすることを決めたのが遅く、早くから塾通いをしている他のお子さんに対して、明らかな出遅れ感があったからです。
個別指導塾のいいところは、その子にあったカリキュラムを組んでもらえることです。苦手教科を重点的にすることや、わからなければ同じところを繰り返し学習すること、あるいは、宿題の量や内容の調節など、いろいろな面で自分仕様にできます。そのため、無理なく頑張れるようになり、前向きに通い続けられたと思います。
また、先生を選べるという点もいいなと思ったポイントです。先生との相性によって、勉強が楽しくなったり、頑張る気が育ったりすることはおおいにあることです。もし、担当の先生とあまりうまくコミュニケーションがとれなかったり、何かの原因で指導力に不安を感じた時など、変更してもらえるので、納得がいかない点があれば、積極的に相談してみるといいでしょう。
個別指導塾でも、中学受験に対するデータや情報などが、集団指導の塾より少ないということはありません。それは個別指導塾か、集団指導塾かという差ではなく、その塾の取組にかかってくることです。中学受験の塾選びには、個別指導塾も選択肢に考えるとよいと思います。