個別指導塾の手厚いサポートが、中学受験に繋がりました

息子が中学受験がしたいと言い出したのは、五年生の夏のことでした。確かにクラスの中で見れば成績優秀な息子ですし、親のひいき目ですが頭のいい子だと思います。ですが始める時期としては明らかに遅いですし、正直希望はほとんどないと感じていました。しかし息子の人生なのだから出来る限りのことはしてあげたいと思い、だいぶ遅い中学受験のスタートを切ったのです。
まず行ったのが塾選びで、実際に息子と足を運び様々な塾を見てまわりました。その中で最終的にここならばと思い決めたのが、個別指導塾です。息子の性格や成績を見てくれた上で、力強く必ず合格させて見せますと言って下さった先生の熱意が、何よりの決め手でした。
実際に通い始めて実感したのは、個別指導塾ならではの手厚いサポートの有難さです。勉強の相談に乗って下さるのは勿論ですが、志望校の設定からメンタルの維持、日常生活で気を付けるべきことなどまで、事細かく指導して下さいました。そのきめ細やかな対応と熱意ある指導で、息子も何とか志望校に合格することが出来たのです。
振り返ってみれば、塾の手厚いサポートがなければ息子も私達親も途中で中学受験をあきらめてしまっていたかもしれません。塾選びの際には、ぜひ個別指導塾のようなサポート力に着目して選ぶというのも、非常に有効だと思います。